【S耐】スーパー耐久がTCRとパートナーシップを締結

 

 

 


スーパー耐久シリーズを運営するスーパー耐久機構は国際ツーリングカーシリーズのTCRとパートナーシップを締結したことを発表した。

スーパー耐久では今シーズンからTCR車両を対象とした『ST-Rクラス』を新設し、ツインリンクもてぎで開催される開幕戦ではAudi RS3 LMSが2台、Honda CIVIC Type-Rが2台参戦し、第3戦からはフォルクスワーゲン・ゴルフが新たに加わる予定となっている。

今回のパートナーシップ締結により、『ST-Rクラス』は世界的に『TCR Endurance SuperTaikyu Class』と名付けられ、基本的なテクニカルレギュレーションはTCRと統一される。また、スポーツランドSUGOで開催される第2戦から『ST-TCRクラス』へ名称変更される。

[2017/3/30]