鈴鹿サーキット、GT3マシンによる10時間耐久レース開催を発表

 

 

 


鈴鹿サーキットは2018年夏にGT3マシンによる10時間耐久レースを開催することを発表した。大会名称は『第47回サマーエンデュランス 鈴鹿10時間耐久レース(仮称)』を予定しており、賞金総額は1億円のGT3マシンの世界統一戦の位置付けとなる。

大会名称
 第47回サマーエンデュランス「鈴鹿10時間耐久レース」(仮称)
開催日程
 2018年8月23日(木)~26日(日)
 ※決勝レースは日曜10:30スタート、20:30終了予定
レース形式
 10時間耐久レース

SUPER GTを運営するGTアソシエーションの協力によってJAF GT300車両の参加も認められ、スーパー耐久のGT-Xクラス参戦の参加も予定されている。代わりにSUPER GTの鈴鹿ラウンドとして開催されている1000kmレースは2017年をもって終了となり、2018年は日程・レース距離を変更して開催される。

[2017/3/4]