【2輪】MotoGP第15戦 日本グランプリ 決勝

 

 

 


ツインリンクもてぎで開催されているMotoGP第15戦日本グランプリにて決勝が行われ、レプソルホンダのマルク・マルケスが優勝。チャンピオン争いをしていたホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)とバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)が共にリタイヤとなったため、マルケスの2016年シーズンのチャンピオンが確定した。

ワイルドカードで参戦した中須賀克行(ヤマハ)は11位、金曜日に負傷したダニ・ペドロサに代わり出場した青山博一(ホンダ)は15位フィニッシュした。

Moto2クラスでは中上貴晶(イデミツ・ホンダ・チームアジア)は4位フィニッシュ。
Moto3クラスでは尾野弘樹(ホンダ)が自己最高位の3位でフィニッシュするもレース後の車検で最低重量違反が発覚し失格となった。

観衆:52216人

[2016/10/17]