スーパーライセンス

 

 

 


ドライバーとしてF1に参戦するためにはFIAの発給するスーパーライセンスが必要です。

スーパーライセンスを取得するには

スーパーライセンスを取得するためにはドライバーは以下の条件を満たし、FIAへ申請する必要があります。

  • FIA国際Aライセンスを所持していること
  • 有効な運転免許証を所持していること
  • F1に参戦する時点で18歳以上であること
  • 以下のレースシリーズを2シーズン(80%以上)参戦していること
     ・フォーミュラルノー1.6
     ・F3
     ・フォーミュラルノー2.0
     ・FIA F4
     ・インディライツ
     ・SUPER FORMULA
     ・GP3
     ・フォーミュラルノー3.5
     ・インディカー
     ・FIA WEC (LMP1)
     ・FIA F3 欧州シリーズ
     ・GP2
     ・FIA Formula E
     ・FIA F2
  • 申請前の3年間に以下に示すポイントを40ポイント以上をを獲得していること
  1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
FIA F2 40 40 40 30 20 10 8 6 4 3
GP2 40 40 30 20 10 8 6 4 3 2
IndyCar 40 30 20 10 8 6 4 3 2 1
European F3
Formula E
30 25 20 10 8 6 4 3 2 1
WEC (LMP1) 30 24 20 16 12 10 8 6 4 2
GP3 25 20 15 10 7 5 3 2 1 0
Formula V8 3.5
SUPER FORMULA
20 15 10 8 6 4 3 2 1 0
WEC (LMP2) 20 16 12 10 8 6 4 2 0 0
WTCC
DTM
Indy Lights
SUPER GT
15 12 10 7 5 3 2 1 0 0
Supercars 13 11 9 6 4 3 2 1 0 0
IMSA (Prototype) 12 10 8 6 4 2 0 0 0 0
FIA F4 12 10 7 5 3 2 1 0 0 0
F3
Formula Renault 2.0
Formula Mazda
NASCAR
10 7 5 3 1 0 0 0 0 0
Asian/ELMS (Prototype)
WEC (GTE)
IMSA (GT LeMans)
10 8 6 4 2 0 0 0 0 0
GT3シリーズ 6 4 2 0 0 0 0 0 0 0
FFSA 5 4 3 2 1 0 0 0 0 0
カート(世界/Sr.クラス) 4 3 2 1 0 0 0 0 0 0
カート(国内/Sr.クラス)
カート(世界/Jr.クラス)
3 2 1 0 0 0 0 0 0 0
カート(国内/Jr.クラス) 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0

 

F1参戦を目指す日本人ドライバーの状況

現在、F1に最も近いとされる日本人ドライバーはホンダの育成ドライバーである福住仁嶺選手、松下信治選手、牧野任祐選手です。彼らが2019年に向けてF1ドライバーになるために必要なスーパーライセンスを取得するための条件は以下のとおりです。

福住仁嶺

  • 2018年 FIA F2、全日本スーパーフォーミュラ選手権参戦
  • 2017年 GP3シリーズ 3位 (15ポイント)
  • 2016年 GP3シリーズ 7位 (3ポイント)
  • あと22ポイント

FIA F2選手権で22ポイント以上獲得するにはシリーズ4位以上の成績を残す必要があります。

 

牧野任祐

  • 2018年 FIA F2参戦
  • 2017年 FIAヨーロピアンF3選手権 15位 (0ポイント)
    2016年 全日本F3選手権 5位 (1ポイント)
  • あと39ポイント

FIA F2選手権で39ポイント以上獲得するにはシリーズ3位以上の成績を残す必要があります。

 

松下信治

  • 2018年 全日本スーパーフォーミュラ参戦
  • 2017年 FIA F2選手権 6位 (10ポイント)
  • 2016年 GP2シリーズ 11位 (0ポイント)
  • あと30ポイント

スーパーフォーミュラだけではチャンピオンを獲得しても25ポイントのため、2019年にスーパーライセンスを取得することはできません。

 

2017 F1 SPORTING REGULATIONS - 4) ライセンス

国際モータースポーツ競技規則 付則L項 - 第1章 第5条